Counseling
カウンセリング

親と子のカウンセリングサービス

悩みは誰かに話すことで少し軽くなり、誰かに話すことで整理されます。悩みを整理することで新たな一歩を踏み出す勇気にも繋がります。1人で抱えている悩みをメルディアウェルネスで吐き出すことで一緒に解決の道筋を探しませんか?

障がいのある子を抱えた時に親は悩み葛藤し、良好な親子関係を維持できなくなるケースが多くあります。障がい当事者も周囲へ上手くリクエストを伝えられないことで、行動障害などに至る傾向があります。財団メルディアの支援でその2つを解決に導きます。

カウンセリング技法のご紹介

SST(Social Skill Training)

社会生活技能訓練
小児の分野では「社会的スキル訓練」、教育の分野では「スキル教育」とも呼ばれます。SSTは認知行動療法の1つに位置づけられる新しい支援方法で、対人関係を中心とする社会生活技能のほか、服薬自己管理・症状自己管理などの疾病の自己管理技能に関わる日常生活技能を高める方法が開発されています。

ABA(Applied Behavior Analysis)

応用行動分析
対象者の気持ちや行動の原因を、周囲の環境との関係のなかで見ながら考えましょうというものです。ABA は、行動分析学の研究により蓄積された知見を、実社会の諸問題の解決に応用しようと試みるなかで生まれました。

CBT(Cognitive Behavior Therapy)

認知行動療法
ストレスなどで固まって狭くなってしまった考えや行動を、本人の力で柔らかくときほぐし、自由に考えたり行動したりするのをサポートする心理療法です。もともとはアメリカのベック研究所で、うつ病に対する精神療法として開発されましたが、現在では、精神医療としてだけではなく、教育、ビジネス、スポーツなど、あらゆる領域で認知行動療法の考え方が取り入れられています。

マインドフルネス(mindfulness)

1970年代以来、臨床心理学と精神医学において、様々な心理的な状態を経験している人々を助けるために、開発研究が続けられてきた技法です。自身を見つめ、いまこの瞬間にフォーカスし、先行きの漠然とした不安から解放されるための心理療法です。マインドフルネス瞑想によってストレスや心配を減らすことで心理状態をクリアにし、建設的な考え方や行動が出来るよう促します。

ご利用料金

カウンセリング料
・正規料金 1セッション 6,000円
・初回カウンセリング無料
・お子さまの障がい者手帳提示で無料
マインドフルネス
(グループ)
1セッション60分 (マインドフルネス45分、グループカウンセリング15分)最大5人を1グループとしてマインドフルネス(瞑想)を行い、心を整えるためのトレーニングを行います。

施設紹介

施設概要

事業所名 メルディアウェルネス
所在地 〒169-0072
東京都新宿区大久保2丁目5-22
営業時間 11:00~20:00(日・月除く)
TEL 03-6284-4180
MAIL Well@gf-meldia.com
最寄り駅 東新宿駅徒歩3分、新大久保駅徒歩8分

Official SNS

You Tube
公式You Tubeチャンネル
メルディアカフェの情報を発信!
Facebook
@gf.meldia
活動情報を随時更新中!
Instagram
@gf.meldia
広報誌の情報を発信!
Twitter
@gf.meldia
スポーツ支援情報を中心に発信!